2008年02月28日

カンアヤメ(寒菖蒲)

【和  名】カンザキアヤメ(寒咲菖蒲)
【別  名】カンアヤメ
【 科   】アヤメ
【撮 影 地】茨城県潮来市
【撮影年月】平成20年2月27日 


0227カンアヤメ



続きを読む
posted by noyama at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 花(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

明日も荒天

 今年は天候に恵まれない
 週末になると日本海側は荒天だ

 今週の日曜2月17日も山スキーを計画していたのだが
 中止して前橋市近郊のため池巡りをしカモ類の観察をしてきた

 
続きを読む
posted by noyama at 21:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

南尾瀬

 南尾瀬?
 あまり聞いたことのない名前だが これから普通名詞化するかも知れない・・!?

 尾瀬に入るにはいくつかのルートがある。関東方面から入山するのに最も簡単なルートは、鳩待峠から尾瀬ヶ原に入るルートだ

 尾瀬の自然を守るためシーズンには、手前の戸倉にマイカーを止めバスで鳩待峠まで移動する。(とは言え、駐車料金1000円・バス往復1800円はタクシー会社のみが儲かっているような気もする)

 一昨年の秋、鳩待峠への車窓から見た紅葉は感動的であったのを記憶している

200215紅葉

*笠ヶ岳東斜面方面(H17.10.14撮影)


続きを読む
posted by noyama at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

ザゼンソウ(春遠からじ)

【和  名】ザゼンソウ(座禅草)
【別  名】ダルマソウ
【 科   】サトイモ
【撮 影 地】群馬県 赤城山麓
【撮影年月】平成20年2月11日 

 2月9日 山から帰ると前橋にも雪が積もっていた
 11日は水鳥を見に出かける予定であったが
風邪をひいてしまった様で 体調が優れないので
 前橋の北隣、富士見村の山林にザゼンソウを見に行ってきた

0212815

 
続きを読む
posted by noyama at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 花(植物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

四阿山(あずま高原から山スキー)

【山 名】四阿山 2354m(長野・群馬県)
【日 程】平成20年2月9日(土)
【同 行】若・岩
【天 候】晴|雪
【ルート】藤岡IC7:00==8:30あさま高原ホテルP 9:50--12:20四阿山頂12:40--15:10あさま高原ホテルP
【行 程】水平距離 11.8km 高低差 +-670m 行動時間6:20
【温 泉】あさも高原ホテル 800円(割引券使用) (評価 A+)

 1月27日神楽・2月3日白馬と2回連続悪天候により断念
今回も日本海側と太平洋側に低気圧があり雪の予報
前日まで天気図を見ながら悩んだが、日本海側の低気圧の進度は最初の予報より遅く
太平洋側の低気圧の影響による降雪は午後からとの判断で出かけることにした

200209178


続きを読む
posted by noyama at 19:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 山2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

四阿山

 四阿山(2354m)へ行って来ました
 疲れた−−−−
 詳細は明日 アップ予定


H20.02.09四阿山頂




      登り快調だった
気に入って頂けたら ランキングアップに御協力を
      ボタンを押して下さい
blogranking
にほんブログ村 アウトドアブログへ





posted by noyama at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

明日は晴れるかな

 1月27日 神楽 2月3日 白馬(山の神尾根)のオフピステを計画したが
 いずれも雪で断念した
 仕事の合間を縫ってなので天候に会わせて計画を立てられないのが勤め人の辛さ
 明日は四阿山へ山スキーの計画だが天気は余り良さそうではない

 夏山なら都合のつく日に一人で再チャレンジするのだが、山スキーは一人で行く気になれないでいた
 しかし、明日も駄目だと思うと一人で出かけたい衝動に駆られる
 
 しかし、客観的に自分の技術と体力を考えると止した方が良さそうだ
 
 自分の気持ちをコントロール出来るかどうか
 自分の技術と体力を客観的に見られるかどうか が
 これからも山登りが続けられるかどうかの分かれ目だと思う今日この頃なのだ
 
 
posted by noyama at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする